フォルダオプションを設定する

2014年3月28日 / Windows

Windowsパソコンはデフォルトで隠しフォルダは表示されません。これを表示する方法を紹介します。拡張子を表示したい場合もここから設定できます。

  • Application Dataフォルダが見つからない
  • AppDataフォルダが見つからない

これらは隠しフォルダになっています。エクスプローラ(ファイルを見るソフト)を開いて

Windows XP / Vista でフォルダオプションを開いて隠しフォルダを表示する設定

「ツール」「フォルダオプション」をクリック
windowsXP フォルダオプションの開き方

「フォルダオプション」が表示されたら、「表示」タブの「すべてのファイルとフォルダを表示する」をクリックします。
windowsXP 隠しフォルダを表示する

Windows 7 でフォルダオプションを開いて隠しフォルダを表示する設定

「整理」「フォルダーと検索オプション」をクリック
windows7 フォルダオプションの開き方

「フォルダオプション」が表示されたら、「表示」タブの「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をクリックします。
windows7 隠しフォルダを表示する

Widnows 8 でフォルダオプションから隠しフォルダを表示する設定

「表示」タブの「オプション」をクリック
windows8 フォルダオプションの開き方

「フォルダオプション」が表示されたら、「表示」タブの「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をクリックします。
windows8 隠しフォルダを表示する

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

URLを含むコメントは承認されたあとに表示されます。

TOPへ戻る