秀丸エディタでダブルクリックでURLやローカルファイルを開くマクロ

2014年10月9日 / ソフトウェア

仕事柄、調べたことをまとめたりメモすることが多くあります。

テキストファイルが手早く直観的なので書いているうちに、溜まってあちこちにファイルが増えて、行ったり来たりすることもしばしば。

秀丸エディタでURLを開くのは最初から出来ますが
・ローカルファイルを秀丸から開きたい。できればダブルクリックで。
・画像やPDFも開きたい。PDFのページ指定もやりたい。

これを実現するため、マクロを作ってみました。

お手軽な方法

[その他] [ファイルタイプ別の設定] [メニュー編集]
[ユーザーメニュー]タブ [選択中右ボタン]
で […を開く]を追加します。

C:\Users\hiro\Desktop\test.txt

テキストに書いたファイル名を選択して右クリック […を開く] を選べば開くことができます。
絶対パス、相対パスどちらも可能です。

ダブルクリックで開きたいのでこれではなくマクロを使います。

マクロを使う方法

スペースを含むファイル名やフォルダ名に対応するため、ファイル名の前にfile:を付ける書き方にしました。

file:Users\hiro kujiira\Desktop\test.txt
file:test.txt
file:..\test.gif
file:test.pdf#2

相対パスも可能です。拡張子を見て関連付けされたソフトで開きます。PDFに関しては後述します。

マクロと設定

スペース対策の設定をします。

[その他] [ファイルタイプ別の設定] [デザイン] [表示] [Email, URL, ファイル名のカスタマイズ]
  [ホームページURL] [正規表現] https?://[^ \t]+
  [ファイル名と思わしき場所] [正規表現] (?<=file:).+(\.[a-z]{3,4}) マクロに登録します。 double_click.mac

[マクロ] [マクロ登録] でマクロファイルを指定します。

[その他] [キー割り当て] [左ダブルクリック] に 登録したマクロを割り当てます。

これでダブルクリックでマクロが実行されるようになりました。

URLやファイル名だとわかりやくするためカラー表示もしておきましょう。

[その他] [ファイルタイプ別の設定] [デザイン] [表示]
  [ホームページURLのカラー表示(P)] にチェック
  [ファイル名と思わしき場所のカラー表示(F)] にチェック

PDFをページ指定して開く

実はこれが目玉機能だったりします。数百ページあるPDFをパッと開けると作業が捗る職種の方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

書式はファイル名の後に #ページ番号 を書きます。
file:spec.pdf#135

これでダブルクリックするとPDFの指定ページが表示されます。

Adobe ReaderとSumatra PDFに対応しています。
他のソフトでもコマンドラインオプションがわかれば対応できます。

デフォルト以外のブラウザとPDFビューア

デフォルト以外のブラウザとPDFビューアを使いたいときにマクロを編集します。

// ブラウザ指定したいとき
$browsers[0] = “C:\\Program Files\\Mozilla Firefox\\firefox.exe”;
$browsers[1] = “C:\\Program Files (x86)\\Mozilla Firefox\\firefox.exe”;

// を消してください。各自使いたいブラウザやPDFビューアのパスを書きます。
0、1などの配列の番号は0から詰めて書いてください。上から順に探して見つかったものを使います。

タグ: ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

URLを含むコメントは承認されたあとに表示されます。

TOPへ戻る