梅酒作り2015

今年もやってまいりました。梅酒の季節です。
今年もやりますよぉー。
では早速いきましょう。

梅の収穫

今年は例年より熟すのが少し早いようで、出遅れました。木の南側はもう黄色がかってきています。

昨年は青梅を使って成功したので、青梅を狙いたいところ。

北側はどうでしょうか。

梅の木2015

梅の木2015

いい感じですね。ばっちりです。

収穫して、洗って、ヘタとって、フキフキして

梅拭いたところ

梅拭いたところ

ヘタを取るのは竹串じゃダメです。2個もとると先がつぶれて使い物にならなくなります。細めのマイナスドライバーが一番使いやすくてよかったですね。細すぎず梅を傷つけにくくておすすめです。

今年のお酒は米リカーとむぎ焼酎

・陸前 米だけリカー
・むぎ焼酎 壱岐
を使います。

壱岐と米リカー

壱岐と米リカー

陸前米だけリカーは岩手県陸前高田市の酔仙酒造が製造しています。大震災で従業員7名と蔵に被害を受けながら、ライバルの岩手銘醸の蔵を借りながらの復活だそうで。ぜひ協力せねば、とうことで買ってきました。

もうひとつの壱岐は、長期熟成するならむぎ焼酎がいいということで、選んでみました。
玄米焼酎も長期熟成するといいとうかがったのですが、なにぶん新しいものを試してみたいもので。でも、長期熟成すると味がみれるのがいつになるんだ・・うん?

氷砂糖はある分で

去年の残りものがあるのでそれを使います。

米だけリカー に 氷砂糖370g
むぎ焼酎 に 氷砂糖400g

万人受けするのが500gだそうなので、少し辛口になりそうです。
昨年飲んだ中で「甘い」という意見もあったのでこれぐらいなら減らしてもいいでしょう。

仕込み完了

ここまで約2時間。

仕込み完了

仕込み完了

それではまた来年お会いしましょう。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

URLを含むコメントは承認されたあとに表示されます。

TOPへ戻る